現在位置: ホーム / フォーカスグループ / 医療ZDと完全分業FG / 医療ZDと完全分業FGについて

医療ZDと完全分業FGについて

活動目的

医薬完全分業は、過失または故意による医薬品適用上の過誤を完全ゼロ (Zero defect, ZD) に達せしめ患者を護るため、医師の処方を監査する薬剤師の存在により成立する。この薬剤師の役割は、医師には務められないのが大原則である。この完全分業の原理に、わが国では薬学教育担当者・医師・薬剤師・行政担当者・一般市民等いずれも無理解であるが故に、先進国で極めて稀な「医師の調剤」容認国である。本FGはこのための啓発活動を行う。
また。医療サイドからの臨床情報を発信するとともに,大学・製薬企業から院内製剤などへの技術指導を行い,市販化に向けた共同研究への展開を視野にした議論の場を提供する.

執行部メンバー

氏名所属
リーダー 永井恒司 (公財)永井記念薬学国際交流財団

活動紹介

医療ZDと完全分業FG