DDS製剤臨床応用FG

DDS製剤臨床応用FGについて

活動目的

わが国では、DDS製剤の基礎研究は非常に盛んでありますが、医薬品として上市されている品目が欧米に比べ少ないのが現状です。このような状況を改善するために、基礎研究成果をもとに人への臨床応用を実現するための橋渡し研究の推進は欠かせません。特に薬剤学分野に身を置く研究者にとり、製剤設計、製剤開発、さらには品質管理という一連の流れの中で、高機能を有するDDS製剤の有効性、安全性に影響する品質特性を明らかにしていくことは、非常に重要な研究領域であると考えております。

本フォーカスグループでは、このようなDDS製剤の品質、有効性、安全性の評価、あるいは評価手法に関する調査研究、情報交換など、DDS製剤の開発環境の向上につながる活動を目的として設立されました。また、我が国における優れたDDS製剤研究が臨床応用へ結実するための課題を明らかにするとともに、我が国及び海外における医薬品規制環境に関わる調査、情報交換も行っていきたいと考えております。

執行部メンバー

  氏名 所属
リーダー 大河原賢一 神戸薬科大学
副リーダー 近藤 啓 静岡県立大学薬学部
会計 浅井知浩 静岡県立大学薬学部
幹事 石原比呂之 エーザイ㈱hhcデータクリエーションセンター
鈴木 亮 帝京大学薬学部
広報 井上小枝 ナガセ医薬品㈱
勝見英正 京都薬科大学
辻畑茂朝 富士フィルム㈱
中村孝司 北海道大学大学院薬学研究院
森 幹永 富士フィルム㈱
吉田高之 アステラス製薬㈱

活動紹介

DDS製剤臨床応用FG

参考情報

ナノ医薬品関連ガイドライン

出典:国立医薬品食品衛生研究所ホームページ( http://www.nihs.go.jp/index-j.html