医薬品の包装と情報分科会

世話人一覧

役職 氏名 所属機関 委員就任日
代表世話人 安東幸弘 第一三共 2014/4/1
世話人 石田勝啓 田辺三菱製薬 2008/4/1
古谷寧隆 スペラファーマ 2016/10/1
尾家弘昭 中外製薬 2020/10/1
田村巧己 シオノギファーマ 2019/8/1

使命

  1. 医薬品包装の将来技術を展望し発信する
  2. 医薬品包装に期待される情報機能と管理システムを展望し発信する
  3. 医薬品の有効性、安全性や品質確保において包装が担うべき役割を研究し提案する
  4. 薬剤学会会員へのワークショップやシンポジウムを開催する

活動報告

本分科会活動は本年で15年目を迎えている。

これまでに開催した過去13回の薬剤学会・医薬品包装シンポジウムでは、自動認識表示に関する医療安全の課題や医薬品包装・容器による患者の使用性、ドラッグデリバリーへの貢献、及び患者の服薬コンプライアンスへの貢献などを取上げ、包装分野における先端の技術を発信してきた。

日本薬剤学会第35年会においては、新時代の医療や健康を支えるために、薬剤学ができることを改めて考え、討論する場にすべく、年会テーマとして「薬剤学 令和維新」が掲げられていた。そこで、35年会で開催した医薬品包装シンポジウムでは、テーマを「医薬品包装の新たな潮流と将来展望 〜薬機法改正,環境保護,デジタル技術〜」と設定した。シンポジウムでは、誌上開催とはなったものの、薬機法改正、環境問題、IoTの活用等、新しい時代に向けた医薬品包装の課題と展望について、それぞれの専門分野の先生方に要旨を作成して頂いた。

1 「改正薬機法が医薬品包装に及ぼす影響」

(社)医薬品安全使用調査研究機構 土屋文人 先生

2 「環境負荷に対応した包装材料の開発状況と採用事例」

(株)カナエ 小濱博信 先生

3 「医薬品工場におけるIoT・AI活用の取組み事例」

ビジネスエンジニアリング(株) 志村健二 先生

  • 22年会(大宮) 医薬品トレーサビリティーにおけるバーコード活用とRFIDへの期待
  • 23年会(札幌) 最新の医薬品包装を考える
  • 24年会(静岡) 医療現場を見据えたこれからの医薬品包装設計
  • 25年会(徳島) 医薬品のリスクマネジメント最前線
  • 26年会(東京) 製剤開発の未来を支える最新包装テクノロジー
  • 27年会(神戸) Patient Compliance・・ いま包装ができること
  • 28年会(名古屋)創薬への貢献を目指して~医薬品メーカー技術者による包装設計事例~
  • 29年会(大宮) 包装技術でDDSの可能性に挑戦!
  • 30年会(長崎) 医薬品包装とICTの融合による医療革新に向けて
  • 31年会(岐阜) 変わりゆく医薬品包装~ユーザー視点からの識別性・使用性を考える~
  • 32年会(大宮) 医療環境変化に対応した医薬品の容器・包装~在宅医療、抗体医薬品を中心に~
  • 33年会(静岡) サステナブル社会の実現に向け医薬品包装が直面している課題~偽薬/流通/アドヒアランス~
  • 34年会(富山) 医薬品包装機械の変遷と今後の展望

[文責 第一三共 安東(代表世話人)]