「薬と健康の週間」懸賞論文審査結果

2013年度以降の「『薬と健康の週間』懸賞論文審査結果」の全文を公開しています。

80-3 テーマ:「令和・新時代に挑む薬学」
第1席:坂口貴俊(金沢大学医薬保健学域6年)
第2席:芦原まいか(静岡県立大学薬学部5年)
第3席:徳吉泰春(静岡県立大学薬学部5年)
79-4: テーマ「薬学部での卒論研究の意義」
第1席:髙瀬理邦(東京大学薬学部薬学科5年)
テーマ「AIとこれからの薬学・薬剤師」
第1席:髙瀬理邦(東京大学薬学部薬学科4年)
77-3: テーマ「薬剤師の職能発揮のために,どう働きかけるか」
第1席:村田俊介(慶應義塾大学薬学部4年)
76-4: テーマ「学生からみた今の薬剤師国家試験」
第1席:村田俊介(慶應義塾大学薬学部3年)
75-4: テーマ「薬学の世界ハーモナイゼーションを考える」
第1席:秤谷隼世(慶應義塾大学薬学部3年)
74-3: テーマ「インターネットによる医薬品販売の是非について」
第1席:山崎裕太郎(長崎大学薬学部5年)
第2席:石田洋也(岩手医科大学薬学部5年)
第3席:秤谷隼世(慶応義塾大学薬学部2年)
73-4: テーマ「医薬分業の中における薬剤師の責務」
第1席:前田梨紗(帝京大学薬学部2年)