奨励賞

受賞者一覧

日本薬剤学会奨励賞はわが国における薬剤学、製剤学、製剤技術、医療薬剤学の基礎及び応用に関し、独創的な研究業績をあげつつあり、これらの分野の将来を担うことが期待される研究者を奨励することを目的としております。

年度 受賞者/受賞内容
2004 蛋白療法の最適化を目指したDDS基盤テクノロジーの確立

堤 康央(大阪大学大学院薬学研究科)

2004 難水溶性薬物の経口製剤化―マイクロエマルション製剤と非晶質製剤に関する検討―

川上亘作(塩野義製薬(株)新薬研究所)

2005 癌免疫療法の有効性増強を目指したCell Delivery Systemの構築

岡田直貴(京都薬科大学薬剤学教室)

2005 薬物動態学的薬理学的手法に基づくPK/PDの予測法ならびに薬物相互作用の予測法の確立

伊藤清美(星薬科大学薬学部)

2006 腫瘍組織血管を標的とした癌治療法の開発

宇都口直樹(帝京大学薬学部)

2006 血液脳関門を介した有機アニオンの排出メカニズムの解析

楠原洋之(東京大学大学院薬学系研究科)

2007 体内動態制御型活性酸素消去酵素の開発と疾患治療への応用

西川元也(京都大学大学院薬学研究科)

2007 PEG修飾リポソーム投与時に惹起される免疫反応に関する研究

石田竜弘(徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部)

2008 薬物動態制御因子としてのトランスポーターアダプター

加藤将夫(金沢大学大学院自然科学研究科薬学系)

2008 粉砕による医薬品のナノ粒子化と物性評価

森部久仁一(千葉大学大学院薬学研究院)

2009 生体バリアを利用した薬物送達研究

近藤昌夫(大阪大学大学院薬学研究科)

2010 分子間相互作用に基づく新規粒子設計

戸塚裕一(岐阜薬科大学)

2010 イメージングを基盤とした細胞内遺伝子動態の定量化システム構築と人工キャリア開発への展開

秋田英万(北海道大学大学院薬学研究院)

2011 がん治療に影響を及ぼす諸因子の解析に基づいた抗がん剤内封ナノ粒子製剤の最適化に関する研究

大河原賢一(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)

2011 薬物トランスポーターを介した肝胆系輸送のin vitro実験による定量的予測法の開発

前田和哉(東京大学大学院薬学系研究科)

2012 物性ならびに薬物動態制御を基盤とした薬物送達研究

尾上誠良(静岡県立大学大学院薬学研究科)

2012 外部刺激を利用したin vivo核酸デリバリー法の開発と評価

川上 茂(京都大学大学院薬学研究科)

2013 薬物の消化管内挙動の解析に基づくヒト経口吸収性評価法の構築

片岡 誠(摂南大学薬学部)

2013 超音波を利用した低侵襲的かつ組織特異的な遺伝子導入システムの構築

鈴木 亮(帝京大学薬学部)

2014 リポソームを用いた核酸デリバリーシステムに関する研究

浅井知浩(静岡県立大学薬学部)

2014 ミトコンドリアを標的とするDrug Delivery Systemの開発

山田勇磨(北海道大学大学院薬学研究院)

2015 関門トランスポーターによる薬物組織分布制御機構の研究

登美斉俊(慶應義塾大学薬学部)

2015 細胞製剤の機能制御と動態解析に関する研究

樋口ゆり子(京都大学大学院薬学研究科)

2016 ナノテクノロジーで制御するがんアジュバントシステムの創製

中村孝司(北海道大学大学院薬学研究院)

2016 シクロデキストリンを基盤分子とした癌治療DDSに関する研究

本山敬一(熊本大学大学院生命科学研究部)

2017 消化管生理機能の定量的解析に基づいた薬物吸収性予測法の確立

白坂善之(東京薬科大学薬学部)

2017 固体NMR法による製剤中の薬物分子状態の解明

東顕二郎(千葉大学大学院薬学研究院)

2018 臨床応用を目指したDDS製剤の研究開発

兵頭健治(エーザイ株式会社hhcデータクリエーションセンター)

2018 生体分子の高機能化に基づく製剤設計を活用したDDS開発

勝見英正(京都薬科大学薬剤学分野)

2018 遺伝子・核酸医薬品のデリバリー戦略の開発に関する研究

髙橋有己(京都大学大学院薬学研究科)