製剤種差検討会第8回事例報告会

2019-07-19 13:002019-07-19 17:45キャンパスプラザ京都 ical Google outlook

開催日時

2019年7月19日(金)13時~17時45分(受付開始 12時15分)

開催場所

キャンパスプラザ京都(4階 第2講義室)

参加資格

事前に「製剤種差検討会」に入会登録(入会金無料)した団体に対して,事例報告会への参加権利(参加費:一人2,000円;参加人数枠無し)が与えられます.

プログラム

時間 演題名(仮題) 発表者
(敬称略)
ファシリテーター
(敬称略)
12:15 – 13:00 受付
13:00 – 10:10 事務局からの連絡事項 事務局
13:10 – 13:20 開会挨拶 原島秀吉
(北海道大学)
13:20 – 14:00 事例報告①経口剤(1):日本新薬
「ワックスゲルマトリックス顆粒徐放性製剤の開発」
今井峻司
(日本新薬)
近藤啓
(静岡県立大学)
14:00 – 14:40 事例報告②経口剤(2):帝人ファーマ
「固体分散体製剤の経口吸収性における種差」
中村秀昭
(帝人ファーマ)
片岡誠先生
(摂南大学)
14:40 – 15:20 事例報告③注射剤:神戸学院大学
「マウス系統差がPEG修飾ナノ粒子体内動態に及ぼす影響」
鈴木亮佑
(神戸学院大学)
山下富義
(京都大学)
15:20 – 16:20 休憩時間(コーヒーブレイク)兼ディスカッション説明 事務局
グループに分かれてフリーディスカッション:各グループ8名以下,
ファシリテータ(1名),サブ(1名),記録(1名)
参加者全員 各領域の世話人
16:20 – 16:30 まとめの時間 参加者全員 各領域の世話人
16:30 – 17:30 発表および全体討論(各グループより発表者1名を指名) 参加者全員
17:30 – 17:40 閉会挨拶 山下伸二
(摂南大学)
17:40 – 17:45 事務連絡(次回開催日時、場所) 事務局

情報交換会

18時から20時まで,近くの「銀ユバ(京都駅前店)」で情報交換会を開催(参加費3,000円).