ナビゲーション
現在位置: ホーム / 最新情報 / 年会講演要旨集の配布の件

年会講演要旨集の配布の件

年会講演要旨集の配布の件

今後、本学会年会の講演要旨集は会誌「薬剤学」から独立した出版物として位置づけられます。

2011年3月吉日

日本薬剤学会会員各位

社団法人 日本薬剤学会
会長 杉林 堅次

 平素は日本薬剤学会に対しまして格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて,日本薬剤学会第26年会が5月29日(日)より東京江戸川区にあるタワーホール船堀にて開催されますが,従来から会員の皆様に事前配布しておりました「年会講演要旨集」につきまして,以下の経緯により今回から「参加者のみ配布」とすることに致しましたので,ここにお知らせ致します。
 なお,その代替措置としまして,希望者には各年会事務局より有償で頒布するほか,会員の皆様には当ウェブサイトから「PDF形式でのダウンロードサービス」を行うことと致しましたので,お手数となりますが,そちらをご利用いただくようお願い申し上げます。

PDFファイルの利用について

 PDFファイルは当ウェブサイトの会員専用フォルダにアップロードされます。
 会員の皆様は会員番号とパスワードによりログインし、電子版のダウンロードをすることが可能です。なお、会員番号やパスワードがご不明な場合も、同フォルダへのログイン案内のページよりご確認いただくことが可能です。詳細は学会ウェブサイトの「会員ログイン」メニューをご覧下さい。

講演要旨集の配布に関する検討経緯

 従来,年会講演要旨集(以下「要旨集」)は参加者(非会員を含む)及び会員全員に配布されていましたが,会誌「薬剤学」のサプリメントの位置付けであれば,本来,会員には無償で,非会員には有償として学会会計の中で対応すべきものであるにも関わらず,年会会計で対応してきたことなど,幾つかの矛盾があり,これを是正することが発端となっています。
 これに加えて,印刷費用,全会員への郵送手続き・郵送費など経費も嵩むこともあり,以下のとおり整理を行い,2010年9月13日開催の理事会にて決定し,2011年度から実施することとします。

  • 要旨集は会誌「薬剤学」のサプリメントとせず,年会の「講演要旨集」として独立したものに変更する。したがって,表紙意匠なども会誌と異なったものとなる。
  • 当学会も最近の電子化に呼応して,印刷した要旨集は「参加者のみ配布」「希望者には有償頒布」とし,会員には本会ホームページの会員コーナーからの「PDF形式でのダウンロードサービス」にて運用していくこととする。
  • 電子化されたPDF形式のファイルでは,自由検索が可能となるなどの利点がある。
以上