ナビゲーション
現在位置: ホーム / 最新情報 / 杉山雄一教授がASPET(米国薬理・治療学会)より、Bernard B. Brodie賞を受賞

杉山雄一教授がASPET(米国薬理・治療学会)より、Bernard B. Brodie賞を受賞

杉山雄一教授がASPET(米国薬理・治療学会)より、Bernard B. Brodie賞を受賞することが決定し、2011年12月19日にプレスリリースされた。

Bernard B. Brodie 賞はASPETの薬物代謝領域の賞で、故 Bernard B. Brodie博士の本領域における多大なる貢献を顕彰するために1978年に設けられた。 Brodie博士は、薬理学、薬物動態学の領域の基本原理である ”pH-分配仮説” の提唱者として著名な研究者である。Bernard B. Brodie 賞は2年に1度、1名に授与され、これまで18名が受賞しているが、欧米人以外では杉山教授が最初の受賞者である。また、これまでのすべての受賞者が薬物代謝領域の研究者であったが、薬物トランスポーター研究、体内動態の速度論(ファーマコキネティクス)の研究者としても、杉山教授が最初の受賞者である。

ヒトにおける薬物代謝、輸送(トランスポート)を定量的に解析し、創薬過程に応用した杉山教授の貢献が評価された。特に医薬品の体内動態、薬物間相互作用、遺伝子多型による個体間変動の予測に関する研究成果が高く評価された。

2012年4月に米国サンディエゴにて開催されるASPETの年会の折に授賞式および受賞講演(4月23日)が行われる。