現在位置: ホーム / 学会賞各賞 / 優秀論文賞

優秀論文賞

本賞は、投稿論文数の増加と、会員に質の高い論文を投稿していただき、「薬剤学」および"Journal of Drug Delivery Science & Technology": JDDSTの学会誌としての質の向上を図ることを目的としております。

対象

「薬剤学」、"Journal of Drug Delivery Science & Technology"から併せて2編を選出。対象者は日本薬剤学会会員であれば、日本人、外国人は問わない。(隔年「薬剤学」、"JDDST"から2編以内)

褒賞

各10万円

受賞論文

年度 区分 受賞者/受賞論文
1991 最優秀論文賞 日本人におけるPopulation Phamacokinetic Parametersの推定: I.
日本人におけるPopulation Phamacokinetic Parametersの推定: II.
日本人におけるPopulation Phamacokinetic Parametersの推定: III.
堀 了平, 奥村勝彦, 北澤式文, 神代 昭, 齋藤侑也, 樋口駿, 水柿道直, 山路 昭, 力久忠昭, 谷川原祐介
薬剤学, 49(2) (1989), 49(4) (1989), 50(3) (1990)
1991 優秀論文賞 計数的データによる固形医薬品の安定性評価.
三浦秀雄, 長谷川和, 岡田隆三
薬剤学, 49(1) (1989)
1991 優秀論文賞 MFGM(牛乳脂肪球被膜)を用いたDDS研究―ビタミンAの消化管吸収について―.
森脇俊哉、吉川広之、高田寛治、村西昌三
薬剤学, 50(3) (1990)
1993 最優秀論文賞 高圧蒸気処理カゼインナトリウムを用いた高齢者向け新規剤形
渡辺 敦, 杉原正泰.
薬剤学, 52(2), 69-78 (1992)
1993 優秀論文賞 エタノールの濃度および時間依存性経皮吸収促進効果.
畑中朋美, 下山 勝, 杉林堅次, 森本雍憲
薬剤学, 52(4), 215-223 (1992)
1993 優秀論文賞 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースの合成と粘性剤としての基礎物性.
齋藤 泉, 池田かおり, 竹原光教, 高岸 靖, 尾原栄, 武藤泰明
薬剤学, 52(4), 272-279 (1992)
1995 優秀論文賞 Polyvinylacetal Diethylaminoacetate ゲルの熱応答性挙動と薬物の溶出性の評価.
島野公秀, 近藤 靖, 三輪明生, 東 恵美, 小山郁夫, 吉田継親, 伊藤 裕, 廣瀬 潤, 後藤 茂
薬剤学, 54(2), 69-76 (1996)
1995 優秀論文賞 弱い一定圧縮力による粉末見かけ密度の均一化効果を応用する直接圧縮法での錠剤重量の変動抑制.
谷野忠嗣, 青木義広, 佐藤耕治, 武田豊彦, 水田泰一
薬剤学, 54(4), 238-245 (1994)
1997 最優秀論文賞 キトサンによるサスペンションコーティングにおける核粒子の設計と被膜制御.
川島嘉明, 丹羽孝司, 竹内洋文, 日野知証, 丹羽敏幸
薬剤学, 56(4), 239-245 (1996)
1997 優秀論文賞 2軸エクストルーダーによるニフェジピン-ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート固体分散体の調製とその評価.
中道孝一, 案浦浩幸, 福井 博, 岡 雅章, 泉 正悟, 安藤富仁, 清水直樹, 牛丸紘一
薬剤学, 56(1), 15-22 (1996)
1997 優秀論文賞 Preparation of inclusion complexes of 1-adamantanol with heptakis-(2, 6-di-O-methyl)-β-cyclodextrin by sealed-heating.
T. Oguchi, K. Kojima, D. Watanabe, E. Yonemochi and K. Yamamoto
薬剤学, 56(2), 92-102 (1996)
1999 最優秀論文賞 アスコルビン酸誘導体、disodium2-O-octadecy-5,6-di-O-sulfoascorbate(CV-11464)の安定性およびその分解機構.
アスコルビン酸誘導体、disodium2-O-octadecy-5,6-di-O-sulfoascorbate(CV-11464)の水溶液中でのマルトシル-β-シクロデキストリンによる安定化.
宇田良明, 小川泰亮
薬剤学, 58(2), 76-82 (1998), 58(2), 83-88 (1998)
1999 優秀論文賞 固体分散系から形成されるナノパーテイクルによる難溶性薬物の消化管吸収性の改善.
矢野克彦, 梶山篤司, 伊藤直樹, 島谷 純, 山本恵司
薬剤学, 57(2), 98-101 (1997)
1999 優秀論文賞 TNF-αの多様なin vivo生理作用の中から,目的とする抗腫瘍作用と副作用を分離し得るBioconjugation設計の確立.
山本陽子, 金田喜久, 角田慎一, 鎌田春彦, 小平浩史, 堤 康央, 伊藤裕子, 平野 隆, 真弓忠徳
薬剤学, 58(1), 37-45 (1998)
2001 最優秀論文賞 フマル酸エメダスチンの温度感受性ゲル点鼻剤.
横町秀治, 中田雄一郎, 高橋嘉輝
薬剤学, 59(1), 17-24 (1999)
2001 優秀論文賞 多糖類高分子の肝組織内分布特性.
金尾義治, 中野貴透, 田中哲郎, 玉木玲子, 岩瀬宏樹, 山口泰典
薬剤学, 60(3), 183-195 (2000)
2001 優秀論文賞 Effects of feeding manners on the gastrointestinal transit of granules in dogs.
Simulation of in vivo dissolution profiles in consideration of gastrointestinal transit of enteric-coated S-2150 granules.
Simulation of absorption profiles of enteric-coated pindolol granules by gastric emptying(GE)-convolution method.
T. Hayashi,  N. Muranishi,  Y. Suzuki,  K. Sato,  T. Ogura and Y. Takagishi
薬剤学, 59(4), 148-155 (1999), 59(4), 156-162 (1999), 60(2), 128-138 (2000)
2003 最優秀論文賞 表面改質法を用いた速崩壊型錠剤の研究.
Rapidly disintegrating tablets of prepared by a surface-modifying method, -Comparison of Disintegrants-.
加藤保富,  松元恵子, 大熊盛之, 砂田久一
薬剤学,  61(3), 109-118 (2001), 62(3), 87-94 (2002)
2003 優秀論文賞 An in vitro interaction between TRX-Liposomes and the components of blood.
H. Okabe,  K. Kawahara,  K. Morimoto,  A. Sekiguchi,  K. Masaya,  K. Koiwai,  H. Uchiyama,  M. Miyajima and J. Kimura
薬剤学, 62(4), 180-188 (2002)
2003 優秀論文賞 局所投与を目的としたPLGA微粒子キャリアーの細胞毒性と貧食作用に及ぼす粒子径の影響および薬理効果に関する研究.
堀沢栄次郎, 岩崎勝秀, 肘黒恒志, 竹井 宏, 山本浩充, 竹内洋文, 川島嘉明
薬剤学, 62(4), 189-202 (2002)
2005 改組 2005年度以降、従来の最優秀論文賞・優秀論文賞の2賞を、優秀論文賞に統一
2005 Quantitave evaluation of in vitro release medium to predeict transfer of flunisolide into nasal mucosa of rabbits from ointments.
N. Ogawa,  M. Morishita,  K. Takayama and T. Nagai
STP Pharma Sci., 13(4), 259-263 (2003)
2005 Decreased binding affinity of apolipoprotein E plays an important role in the reduced hepatic clearance of lipid nano-sphere (LNS).
Decreased binding affinity of apolipoprotein C-II to lipid nano-sphere (LNS) plays an  important role in the plasma half-life and haemolytic activity.
J. Seki,  S. Sonoke,  A. Saheki,  T. Koike,  H. Fukui,  M. Doi and T. Mayumi
J. Drug Del. Sci. Tech., 14(3), 173-179 (2004), 14(5), 345-352 (2004)
2007 Acrylic terpolymer microcapsules for colon-specific drug delivery: effect of molecular weight and solubility of microencapsulated drugs on their release behaviors.
M. Arimoto,  Y. Fukumori,  J. Fujiki and H. Ichikawa
J. Drug Del. Sci. Tech., 16(3), 173-181 (2006)
2007 Improvement in the variation of inhalation properties of an FK888 dry powder inhaler using an E-haler, by adding coarse lactose in spherical soft agglomerates of fine drug particles, and its absorption in healthy volunteers.
T. Nakate,  H. Yoshida,  A. Ohike,  Y.Tokunaga,  R. Ibuki and Y. Kawashima
J. Drug Del. Sci. Tech., 15(2), 167-175 (2005)
2009 Enhancing effect of six chemical enhancers on the permeation of ketotifen through excised hairless mouse skin from aqueous donor solutions buffered at pH 5 and 10.
K. Inoue*, J. Okada and K. Sugibayashi
J. Drug. Deliv. Sci. and Technol., 18 (5), 335-341 (2008)
2009 院内製剤「人工髄液CSF-19」の開発と調製実績.
山口雅也、市村健一、矢島 茂、佐々木隆、谷川原祐介*
薬剤学, 68 (5), 371-377 (2008)
2011 Effect of negative charged particles on the recovery of skin barrier function after EP treatment
K. Sugibayashi*, H. Todo, K. Yamaguchi
J. Drug Del. Sci. Tech., 20(6), 445-450 (2010)
2011 室温保存を可能としたラタノプロスト点眼液の製剤設計
落合明子, 飯田 桂, 高部浩行, 川村恵里, 佐藤康彦, 加藤保富, 大熊盛之,檀上和美
薬剤学, 70(6) : 324-332 (2010)
2013 Enhanced skin permeation of piroxicam and pranoprofen induced from nanoparticles dispersed in propylene glycol aqueous solution
Y. Ikeda*, K. Higashi, K. Moribe, K. Yamamoto
J. Drug. Deliv. Sci. Tech., 22 (2), 131-137 (2012)
2013 Yucatan micropig 皮膚を介した in vitro 透過性からニコチンテープまたはリドカインテープをヒトに適用後の血中濃度の予測
武内博幸, 石田真大, 浦野英俊, 杉林堅次
薬剤学, 72(4) : 251-261(2012)
2015 Nanoparticles of hydrophobized cluster dextrin as biodegradable drug carriers: solubilization and encapsulation of amphotericin B
Y. Kaneo, K. Taguchi, T. Tanaka, S. Yamamoto
J. Drug. Deliv. Sci. Tech., 24 (4), 344-351 (2014)

2015

化学・放射線療法誘発性の口腔粘膜炎に用いるインドメタシン噴霧製剤の安定性
百 賢二, 本間真人, 鈴木嘉治, 神林泰行, 幸田幸直
薬剤学, 74(3) : 211-216 (2014)