現在位置: ホーム / 会誌・出版物 / 学会誌「薬剤学」 / 最新号の目次

最新号の目次

最新号の目次を紹介しています

閲覧時にログインする際には、77巻第1号の折り込みパンフレットに記載のID、
PW(パスワード)をご利用ください。ID、パスワードをお忘れの場合は、薬剤学
会ホームページ内の会員専用フォルダにてご確認ください。

最新号の目次

J-STAGE 内容はJ-Stageにて、ご覧頂けます。

78-5

〔巻 頭 言〕

大学人の薬剤学・製剤学教育と研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・湯淺 宏…207

〔フォーラム〕

英国大学院留学と薬剤師免許取得をふりかえって・・・・・・・・・・・・・上田 彩…208

〔研究室紹介〕

生物の機能を利用したDDS製剤の開発を目指して・・・・・・・・・・・・宇都口直樹…212

〔若手研究者紹介〕

難溶性薬物のクリスタルエンジニアリングと製剤技術への応用・・・・・・・辛島正俊…218

薬物動態を基軸とした薬物誘発性肝毒性評価に関する研究・・・・・・・・・関根秀一…224

〔最近のトピックス〕

SWATH-MS法って何? 優れた定量精度・感度・網羅性を兼ね備えた次世代型定量プロテオミクス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・内田康雄…228

〔イントロダクション〕

FIP(International Pharmaceutical Federation、世界薬学連合)およびBPS(Board of Pharmaceutical Sciences)・・・・・・・・・・・・・・・尾関哲也…235

〔レポート〕

製剤処方・プロセスの最適化検討FG

Quality by Design (QbD) アプローチに関するアンケート 結果報告(2)
【PAT,RTRT,管理戦略,申請,本FGに実施を期待すること】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤井拓也,安田昭仁,山口正純,長友章文…237

〔ニュース〕・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・243

 

 

Foreword

Education and Research of Pharmaceutics and Pharmaceutical Technology for University Person

…………………………………………………………………………………………H. Yuasa…207

Forum

Reflecting on Studying in the UK Graduate Pharmacy School and Acquiring a Pharmacist License

………………………………………………………………………………………….A. Ueda…208

Research Laboratory

Development of DDS Formulation Utilizing the Biological Functions……………N. Utoguchi…212

Young Researcher

Integration of Crystal Engineering and Solubilized Formulation Technologies for Poorly Soluble Drugs…………………………………………………………………………….M. Karashima…218

Evaluation of Drug-Induced Liver Injury in Sandwich Cultured Hepatocytes…………S. Sekine…224

Current Topic

What Is SWATH-MS? Next Generation Quantitative Proteomics Combining a Superior Quantitative Accuracy, Sensitivity and Comprehensiveness……………………………………....Y. Uchida…228

Introduction

FIP (International Pharmaceutical Federation) and BPS (Board of Pharmaceutical Sciences)

…………………………………………………………………………….…………...T. Ozeki…235

Report

Focus Group on Pharmaceutical Optimization for Product Formulation and Manufacturing Process Questionnaire Results about the Quality by Design Approach (2)

【Process Analytical Technology(PAT, Real Time Release Testing (RTRT), Control Strategy, Application for Approval, Events Wanted This Focus Group to Organize】

………………………………..…………T. Fujii, A. Yasuda, M. Yamaguchi and A. Nagatomo…237

News…………………………………………………………………………………………………….243

 

バックナンバー