現在位置: ホーム / フォーカスグループ / 前臨床開発FG / 前臨床開発FGについて

前臨床開発FGについて

活動目的

薬剤学研究者の最終目標は人類の健康に貢献する医薬品の創出であるが、それを効率的に達成するためには、アカデミア研究者と企業研究者の連携が求められる。前臨床開発は、開発研究の過程においてビジネス思考が色濃く反映される最初のステップであり、学術思考とは違った視点も求められる。その一方で、開発研究の作業効率化には、学術情報が大いに助けとなる。本FGにおいては、前臨床開発に関わる諸問題、例えば原薬形態の効率的な決定法、加速試験が困難な製剤の判断法、安全性試験の製剤設計などをテーマとして、学術内容にタイムラインやリスクマネージメントのビジネス視点を含めた議論を行うとともに、関連分野の研究者が情報交換し易くなるよう、人的交流を進める。

活動概要

合宿討論会やシンポジウムを単独もしくは他のFGと共同で企画し、企業研究者とアカデミア研究者、さらにはPMDAとの交流・情報交換を行う。また本FGでは海外研究者との積極的な情報交換も視野に入れており、AAPS前後で、国内外の大学・企業研究者を一堂に集めたサテライトミーティングを、米国で開催する予定である。

執行部メンバー

氏名所属
リーダー 川上亘作 物質・材料研究機構
副リーダー 菅野清彦 東邦大学
会計 小野静香 小野薬品工業
幹事 池田幸弘 武田薬品工業
幹事 深水啓朗 明治薬科大学
広報 上田 廣 塩野義製薬
広報 山下博之 アステラス製薬