現在位置: ホーム / フォーカスグループ / 薬物相互作用FG / 薬物相互作用FGについて

薬物相互作用FGについて

活動目的

近年、日米欧3極の医薬品承認審査当局より薬物相互作用に関する新しいガイドライン(または案)が示されている。本FGでは、これらのガイドラインにも示されているように、各臓器における薬物相互作用を定量的な視点で捉え、in vitro実験の結果に基づく正確な予測を行うと共に、回避するためのスクリーニング系・評価法を研究し、正確な臨床で意味のある薬物相互作用の予測を推進するための基盤作りを行うことを目的とする。また、薬物相互作用によって生じる問題は、「薬物動態(または薬効)の個体間変動」にあると捉え、本FGでは薬物体内動態の個体間変動またはその回避についても議論の対象とする。創薬研究者(基礎・臨床開発)・臨床薬剤師・審査サイドなど種々の立場から広く意見を求め、交流する場を提供し、各立場に応じた薬物相互作用あるいは薬物動態の個体間変動に関する科学的な背景のあるコンセンサスを構築することを目標としたいと考えている。

執行部メンバー


氏名 所属
リーダー 米澤 淳
京都大学医学部附属病院薬剤部
副リーダー 内田信也 静岡県立大学薬学部
会計 設楽悦久 サノフィ株式会社
幹事 千葉康司 横浜薬科大学薬学部
幹事 前田和哉 東京大学大学院薬学系研究科
幹事 増田雅行 東邦大学医療センター佐倉病院
幹事 山崎慎司 Pfizer, Inc
幹事 山村直敏 第一三共株式会社
幹事 鷲尾郁美 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
広報 工藤敏之 武蔵野大学薬学部
広報 白坂善之 東京薬科大学薬学部

活動紹介

薬物相互作用FG