ナビゲーション
現在位置: ホーム / イベント / FGイベント / 物性FGセミナー2016:                     2016/1/22

物性FGセミナー2016:                     2016/1/22

イベント詳細

日時

2016年01月22日
13時00分 から 20時00分 まで

場所

星薬科大学 百年記念館

カレンダーに追加

会期

2016年1月22日(金)13:00~20:00

会場

星薬科大学
百年記念館(東京都品川区荏原2-4-41)
戸越銀座駅(東急池上線)徒歩約8分
武蔵小山駅(東急目黒線)徒歩約15分(正門まで)
(北門はセキュリティ上,入校が制限されています)
戸越駅(都営地下鉄浅草線)徒歩約10分

ご案内

今年より活動を開始した物性フォーカスグループは,医薬品開発に係る様々な物性検討について情報の提供と共有を目標としています(設立趣旨の詳 細 は本年第5号の「薬剤学」をご参照ください).
この度,以下の内容にて2016年1月に,第1回のキックオフセミナーを開催します.特別講演として東邦大学薬学部の寺田勝英先生,技術講演として国立医薬品食品衛生研究所の小出達夫先生より,物性研究のトレンドならびにイメージング技術の留意点等について,ご講演いただきます.
また今回は新しい試みとして,分析装置メーカー数社の協力を得て,顕微ラマン装置のプレゼンならびに実演が一堂に介して行われる企画を準備して います.当FGが提供する共通の試料に対する分析結果もプレゼン内容に含まれますので,複数の装置を一時に比較すること,実試料による測定結果の 評価が容易に行えると考えています.これまでにない機会となりますので,皆様のご参加をお待ちしております.

プログラム

『原薬と製剤を結ぶイメージング技術』

13:00~13:10 ◎はじめに
日本薬剤学会 物性FG設立趣旨と活動内容の紹介
星薬科大学 米持悦生

13:10~13:50 ◎特別講演
物性研究のこれまでと今後の進展
東邦大学薬学部 寺田勝英

13:50~14:30 ◎技術講演
イメージング技術についての解説
国立医薬品食品衛生研究所 小出達夫

14:30~14:50 休憩

14:50~16:20 ◎顕微ラマン装置メーカーによる測定技術・装置紹介
各社15分程度のプレゼンテーション(物性FGが提供した共通試料の測定結果を含む)

16:20~16:30 ◎今後の物性FG活動のためのアンケートについて
中外製薬株式会社 谷田智嗣

16:30~18:00 ◎顕微ラマン装置メーカー等による展示会

18:00~20:00 ◎懇親会(展示併設,参加費無料)

参加費

5,000円(当日,受付にて支払)

参加申込方法

参加を希望される方は,①お名前,②ご所属,③懇親会の参加予定について明記し,1/15(金)までに,E-mail( apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp )にて,ご連絡ください.
定員は100名程度で,先着順とさせていただきます.

お問い合わせ・申込み先(事務局)

〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41
星薬科大学 薬品物理科学教室内 担当:郡司
電話/FAX 03-5498-5159
E-mail apstj.fg.pp@hoshi.ac.jp
URL http://polaris.hoshi.ac.jp/kyoshitsu/bukka/HP_FG/

タグ: