ナビゲーション
現在位置: ホーム / イベント / FGイベント / 第2回個別化製剤フォーカスグループ研究会:2018/3/16

第2回個別化製剤フォーカスグループ研究会:2018/3/16

イベント詳細

日時

2018年03月16日
13時20分 から 19時30分 まで

カレンダーに追加

ご案内

個別化医療の時代に、患者個別に対応できる製剤とはどうあるべきなのでしょうか?その答えを探すため、現在の医療現場のニーズ、今後必要となる技術、そして医療を取り巻く世界の環境変化について学び、議論する場を設けたいと思います。

また、最も個別な対応が必要なはずの小児が使用する医薬品については、未だ7割近い薬剤が添付文書に効能・効果、用法・用量、安全性などの記載がない状況であり、小児用の製剤も十分に開発されていません。個別化製剤フォーカスグループでは、治療上の見捨てられた孤児と呼ばれる患児にフォーカスし、小児用製剤の基盤技術の整備に貢献したいと考え、本研究会を企画します。

第2回研究会はこれまで同様、患者さん代表,医療者およびアカデミアと幅広い分野からご参集いただき、活発な討論を行いたいと思いますので、どうぞご参集ください。

個別化製剤FGリーダー 原田 努

日時

20183月16日(金)

13:20 受付開始

13:40~16:30 講演会

16:30~17:30 討論会

17:30~19:30 懇親会

場所

タワーホール船堀 401会議室

http://www.towerhall.jp/4access/access.html
路線図

参加費

研究会参加費:日本薬剤学会会員-無料、 非会員-2000円
懇親会参加費:2,500円

参加申し込み

参加申込リンク (※ご参加される全ての方のご登録をお願いします。)

<https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfiGXsb-JDc8sUNw8u63HJad38kzZbQwYB7qqkmiUVptB4YgQ/viewform?c=0&w=1>

ご氏名
ご所属
E-mailアドレス
電話番号
日本薬剤学会会員かどうか
研究会参加の可否
懇親会参加の可否

参加人数:約60名(先着順)

申込締切

2018年3月8日(木)

お問い合わせ

個別化製剤FG(広報担当)村山信浩 E-mail: murayama@pharm.showa-u.ac.jp
昭和大学薬学部 薬剤情報学講座 薬剤学部門
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8 TEL: 03-3784-8203 FAX: 03-3784-8772

プログラム

13:40~13:45 「はじめに」 個別化製剤フォーカスグループリーダー 昭和大学 原田努
13:45~14:00 「産学コンソーシアムの活動報告」 摂南大学 薬学部 首藤誠
14:00~14:40 「がんノートから読み解く、若年性がん患者の実態」 NPO法人 がんノート 代表理事 岸田 徹
14:40~14:50 休憩
14:50~15:30 「最新の吸入製剤デバイスと個別化医療」 スリーエムジャパン(株)DDSプロジェクト部 部長 小田 実
15:30~16:10 「欧米の小児製剤の最新開発動向と、小児アドバイザリーグループについて」 昭和大学 薬学部 原田努
16:10~16:15 「おわりに」 アステラス製薬 保地毅彦
16:15~16:30 移動&セッティング
16:30~17:20 総合ディスカッション (会議室307)

・ 個別化医療の時代に製剤研究者が研究すべきコトは?

・ EuPFI(European Paediatric Formulation Initiative) との連携
http://www.eupfi.org/

・ 服用性に優れた製剤を日本から世界に向けて発信するために
17:20~17:30 移動&セッティング
17:30~19:30 懇親会 (控え室「松・桜」)