ナビゲーション
現在位置: ホーム / イベント / FGイベント / 第4回経皮投与製剤FGシンポジウム: 2012/11/19

第4回経皮投与製剤FGシンポジウム: 2012/11/19

イベント詳細

日時

2012年11月19日
11時00分 から 19時00分 まで

カレンダーに追加

会期

2012年11月19日(月) 11:00-19:00頃(予定)

会場

きゅりあん(品川区立総合区民会館小講堂)
JR大井町駅から徒歩約1分
東京都品川区東大井5-18-1
Phone: 03-5479-4100

ご挨拶

日本薬剤学会経皮投与製剤FGでは第4回シンポジウムを以下のように開催することとなりました。今回は特別講演演者としてUniversity of California, San Franciscoの内田良一先生をお迎えします。また、多岐にわたる先生方を招待し、経皮投与製剤についてお話し頂きます。経皮適用製剤を扱っている多くの方々にご参加いただき、充実したシンポジウムにしたいと考えております。多くのご参加を頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

経皮投与製剤FGリーダー 杉林堅次

プログラム

演題:20分(発表17分+質疑3分)、特別講演60分(発表55分+質疑5分)

時間 所属 演題名(案)
10:55 寺原孝明
(久光製薬)
開会のあいさつ
11:00 岡野由利
(ロート)
医薬品と医薬部外品/化粧品の違い
-有用性・安全性からの解釈-
11:20 北河修治
(神戸薬大)
マイクロエマルションを利用したポリフェノールの効率的な皮膚デリバリー
11:40 堀沢栄次郎
(マルホ)
局所投与の医薬品外用剤の押出し質量と容器に関する調査研究
- 外用剤のFTU/一円玉径質量と適正使用 -
12:00 平尾哲二
(資生堂)
皮膚計測技術の最新動向
12:20 昼食
13:20 内田良一
(UCSF)
皮膚におけるセラミドの多様な機能
14:20 休憩
14:30 小幡誉子
(星薬科大)
皮膚角層微細構造と薬物透過性
14:50 佐野友彦
(カネボウ)
セラミド関連化合物の化粧品製剤化技術とその応用
15:10 道中康也
(久光製薬)
ジェットインジェクターを利用した薬物含有生分解性微粒子の経皮送達
15:30 権英淑
(コスメディ製薬)
マイクロニードル技術の化粧品・医薬品への応用
15:50 岡田直貴
(大阪大学)
世界初、日本発の貼るワクチンの実用化を目指して
16:10 小暮健太朗
(京都薬科大)
高分子物質のイオントフォレシス
16:30 小暮健太朗
(京都薬科大)
閉会の挨拶
16:45 談話会(Kラウンジ(きゅりあん内)

注)現在、演題順などに関しては調整中であり、変更することがあります。

参加費

シンポジウム 5,000円

参加登録

ご登録は以下のフォームよりお願いします。
参加費は当日現金でお支払いください。(できる限りお釣りのないようにご準備をお願いいたします。)
当日はお名刺をお持ちください。(ネームプレートに入れて頂きます。)
学生の方は、名刺大の紙に所属とお名前をご記入ください。

参加登録フォーム

事務局

城西大学 徳留嘉寛
Email:  skinfg  [at]  josai.ac.jp 
Phone & Fax: 049-271-8140

タグ: