ナビゲーション
現在位置: ホーム / イベント / FGイベント / 第6回DDS製剤臨床応用FG合宿討論会:            2016/10/28-29

第6回DDS製剤臨床応用FG合宿討論会:            2016/10/28-29

イベント詳細

日時

2016年10月28日 13時00分 から
2016年10月29日 15時00分

場所

KKRホテル熱海

カレンダーに追加

会期

2016年10月28日(金)~29日(土)

28日13時集合、29日15時解散予定

会場

KKRホテル熱海(http://www.kkr-atami.gr.jp/)

〒413-0005 静岡県熱海市春日町7-39 ※3~4人程度の相部屋となります.

プログラム

<特別企画>

♦EPR効果に関する討論会

・特別講演「抗癌剤開発のジレンマとEPR効果の役割 ― 若者よ、タコツボを出よ!」

前田 浩 先生(崇城大学DDS研究所)

・依頼講演1「一酸化窒素放出型リポソームによるEPR効果の増強」

片山佳樹 先生(九州大学大学院工学研究院)

・依頼講演2「超音波とバブルを用いた新生血管オープニングによるEPR効果の亢進」

丸山一雄 先生(帝京大学薬学部)

♦種差に関する討論会

・依頼講演3「日本薬剤学会支援による製剤種差検討会発足の経緯と第1回事例報告会について」

菊池 寛 先生(エーザイ株式会社筑波研究所)

♦ガイドラインに関する討論会

・依頼講演4「リポソームガイドラインの解説」

石原比呂之 先生(エーザイ株式会社製剤研究部)

 

<話題提供>

最近のDDS製剤について,DDS製剤の臨床応用に向けた取り組み,その他DDSに関する話題

参加人数

40名(先着順,但し話題提供者を優先します)

参加費

日本薬剤学会会員20,000円,非会員25,000円(いずれも宿泊費・食費込)

演題募集(若干名)

話題提供者を自薦・他薦にて募集いたします.自薦の場合は発表内容をお知らせください.他薦の場合は,予め推薦したい演者の方の参加と発表について了解を得た後に,演者の所属と発表依頼内容をお知らせください.

発表・参加申し込み

2016年9月16日(金)までに以下の申込フォームにて申込窓口へe-mailにてお申し込み下さい.会場の定員等の都合上,締め切り期日前であっても募集を終了させて頂く場合がございますのでご承知おき下さい.話題提供者を優先させて戴きます.

参加の可否については,後日,参加費の振込先と共にe-mailにてお知らせいたします.討論会に参加される日本薬剤学会会員の方は,本FGへの参加登録をお願い申しあげます.

参加申込フォーム

***********************************************************

A. 氏名:

B. 所属:

C. 電話番号:

D. メールアドレス:

E. 話題提供の有無: 1) 有り 2) なし (以下,不要なものを消してください)

演題:

発表内容:(数行で簡単にご説明ください.)

 

【他薦の場合】

推薦する演者の所属,氏名および連絡先(E-mailアドレスと電話番号):

発表依頼内容:数行で簡単にご説明ください.

 

その他,ご希望等ございましたらお知らせください.

申し込み窓口

静岡県立大学薬学部 浅井知浩(e-mail: asai@u-shizuoka-ken.ac.jp)

問合せ先

静岡県立大学薬学部 浅井知浩(e-mail: asai@u-shizuoka-ken.ac.jp)

帝京大学薬学部 鈴木 亮(r-suzuki@pharm.teikyo-u.ac.jp)

エーザイ(株) 製剤研究部 石原比呂之(e-mail: h2-ishihara@hhc.eisai.co.jp)

タグ: