現在位置: ホーム / イベント / 製剤種差検討会 / 製剤種差検討会第6回事例報告会: 2018/7/5

製剤種差検討会第6回事例報告会: 2018/7/5

イベント詳細

日時

2018年07月05日
10時00分 から 17時20分 まで

場所

キャンパスプラザ京都

カレンダーに追加


<開催日時> 2018年7月5日(木)10時~17時20分

<開催場所> キャンパスプラザ京都(受付開始は9時20分から)
<参加資格> 事前に「製剤種差検討会」に入会登録(入会金無料)した団体に対して,事例報告会への参加権利(参加費:一人2,000円;参加人数枠無し)が与えられます.
<プログラム> 下記参照.
<情報交換会> 17時40分~20時まで,近くのレストラン「銀ゆば京都駅前店」で情報交換会を開催(参加費3,000円を予定).
<事務局コメント> 本検討会への入会登録団体数(2018年3月現在54団体)ならびに事例報告会への参加者数は回を追うごとに増えています.奮ってご参加ください.

<プログラム>

時 間 演題名(仮題) 発表者
(敬称略)
ファシリテーター
(敬称略)
10:00-
10:10
連絡事項 事務局
10:10-
10:20
開会挨拶 原島秀吉
(北海道大学)

10:20-
11:20
事例報告①:外用剤
「皮膚代謝評価におけるヒト化モデルマウス利用の可能性」
畑中朋美
(城西大学)
川上亘作
(物質・材料研究機構)
11:20-
11:50
総合討論(外用剤、その他投与経路関連) 参加者全員 藤井まき子(日本大学)
藤堂浩明(城西大学)
11:50-
13:00
昼休み(世話人会)

13:00-
13:50
事例報告②:経口剤(1)
「徐放性製剤開発における動物吸収評価のあり方」
榊原裕幸
(田辺三菱製薬)
尾関哲也
(名古屋市立大学)
13:50-
14:40
事例報告③:経口剤(2)
「難溶性薬剤の開発における吸収性評価」
角田佐保枝
(富山化学工業)
上林敦
(アステラス製薬)
14:40-
15:10
総合討論(経口剤関連) 参加者全員 近藤啓(静岡県立大学)
片岡誠(摂南大学)
15:10-
15:40
コーヒーブレイク(名刺交換)

15:40-
16:30
事例報告④:注射剤
「リリース性を精密制御したドキソルビシンリポソームのマウスとラットでの動態種差」
森幹永
(富士フイルム)
山下富義
(京都大学)
16:30-
17:00
総合討論(注射剤関連) 参加者全員 原島秀吉(北海道大学)
石田竜弘(徳島大学)
17:00-
17:10
閉会挨拶 山下伸二
(摂南大学)

17:10-
17:20
事務連絡(次回開催日時、場所) 事務局

*:質問箱に集められた質問(質問数は130超え)を材料に,ファシリテーターが事前に提示した課題について,皆で情報交換・討論を行う.