現在位置: ホーム / イベント / 製剤種差検討会 / 製剤種差検討会第3回事例報告会: 2017/6/30

製剤種差検討会第3回事例報告会: 2017/6/30

イベント詳細

日時

2017年06月30日
10時00分 から 18時00分 まで

場所

東京大学薬学部講堂

カレンダーに追加

3) 製剤種差検討会第3回事例報告会
<開催日時> 2017年6月30日(金)10時~18時
<開催場所> 東京大学薬学部講堂
<参加資格> 事前に 「製剤種差検討会」 に入会登録 (入会金無料) した団体に対して,各団体2名分の事例報告会への参加枠 (参加費:一人2,000円) が与えられます.
<プログラム> (演題名は仮題)

10:00 – 10:20 開会挨拶,事務連絡
原島秀吉(北大薬),
事務局
10:20 – 11:00 事例報告①「ロキソニンゲル創製における
薬物動態学的アプローチ」
澤村良子(第一三共)
11:00 – 11:40 事例報告②「薬物動態の概日変動と種差」 小柳悟(九大薬)
11:40 – 13:00 昼休み
13:00 – 13:40 事例報告③「低膜透過性化合物DX-9065aの
経口吸収改善と種差」
藤井義峰
(第一三共ノバーレ)
13:40 – 14:20 事例報告④「EPR効果はヒトでも有効か?
DoxilとDoxorubicinのメタ解析から」
原島秀吉(北大薬)
14:20 – 15:00 事例報告⑤「担癌モデルマウスの落とし穴」 兵頭健治(エーザイ)
15:00 – 15:30 コーヒーブレイク(名刺交換)
15:30 – 17:30 総合討論:各団体から寄せられた種差に関する
質問箱(80以上の質問)の中で,討論希望の
多かった事象について,経験者・専門家等から
コメントをいただいたり,皆で議論したりする予定
楠原洋之(東大薬),
西川元也(東京理大薬)
17:30 – 17:50 閉会挨拶,事務連絡 山下伸二(摂南大薬),
事務局

<情報交換会> 18時~20時まで近辺で開催予定(参加費:3,000円予定).

窓口担当者(連絡先)

菊池寛(エーザイ株式会社筑波研究所)
〒300-2635 茨城県つくば市東光台5-1-3
電話:029-847-5469  E-mail: h4-kikuchi@hhc.eisai.co.jp