現在位置: ホーム / 学会賞各賞 / 旭化成創剤開発技術賞

旭化成創剤開発技術賞

旭化成創剤開発技術賞は、国際的な製剤の品質に関する考え方の変貌に応える製剤・創剤開発の基礎及び応用に関するハード及びソフトの優れた研究を対象と致します。例えば、製剤の実用化・製剤の物性研究・設計(デザインスペースを含む)・試験法・工程管理(PATを含む)・包装技術・品質保証に関わる研究、その他、製剤・製剤開発に貢献する研究による応募を歓迎致します。 

国際的に高く評価され得る医薬品製剤の開発に必要な製剤化の新しい科学と技術の発展に顕著な功績を挙げた者を表彰する為、旭化成ケミカルズ(株)の支援を得、従来学会賞として旭化成製剤学奨励賞を授与して参りました。本賞授与の製剤開発における意義を更に高める為、新たに、製剤化効率の向上・高品質化とその確保等の製剤化システムやデザインを含めた広義の創剤を範疇とする旭化成創剤開発技術賞と、従来の趣旨を活かした旭化成創剤研究奨励賞を制定し、新規創剤開発研究の支援基盤をより強固にすることと致しました。
なお、授賞は本学会通常総会にて行い、受賞者には受賞講演を行っていただきます。

受賞者

年度 受賞者/受賞内容
2010 新規口腔内崩壊錠(RACTAB)の開発
沖本和人、奥田 豊、入沢庸介(東和薬品(株)研究開発本部)
2011 凍結乾燥ケーキを用いた粉末吸入システムOtsuka Dry Powder Inhalation Systemの開発
山下親正(大塚製薬(株)製剤研究所)
2012 新規苦み抑制技術Salting-out Taste-making Systemを用いたベシケアOD錠の開発
吉田高之,田崎弘朗,伊藤彰,小林正範(アステラス製薬株式会社技術本部)
2013 PATの基盤技術開発とRTRTのリクシアナ錠への適用
中川弘司、釜田 信、前田 仁(第一三共株式会社 製薬技術本部 製剤技術研究所)
2014 ジェネリック医薬品の高付加価値製剤の開発・素錠へのレーザー印刷技術の確立と
シロスタゾールOD錠の開発
高橋嘉輝、北村雅弘、神田修子(沢井製薬株式会社 製剤技術センター)
2015 オパルモン錠の一包化達成のためのシクロデキストリンによる安定化と高速打錠生産
関屋 昇、山本政信、井上靖雄(小野薬品工業株式会社 製剤研究部)
2016 アリピプラゾール長期持続性注射剤の開発
松田貴邦、平岡祥吾(大塚製薬株式会社 製剤研究所)
2017 該当なし

 

協賛について

旭化成創剤開発技術賞は、旭化成ケミカルズ(株)の協賛を得て運営されております。